骨董品や絵画、貴金属などを高く売るためのコツを紹介します!!

絵画や貴金属など高く売るためのコツを分かりやすく紹介していきます。久しぶりに実家に帰り、大掃除をしていると箱に入った茶碗が出てきた、形見分けで貴金属をもらったなどはよくあることですね。大事にすべきか、売却するべきか扱いに困ることと思います。どうせ保管しておくにしても、価値が分かっていた方が良いと思います。しかし、同じ貴金属や骨董品でも、その状態によって大きく価値が変化します。そこで今回は貴金属や絵画、骨董品、食器を高く売るコツについて紹介していきます。

 

1. 骨董品を高く売るコツを紹介します

骨董品を高く売るためのコツは種類によって分けておくことです!!

骨董品 状態 このコツとして最初に紹介するのは、種類ごとに分けておくことです。一口に骨董品と言っても、刀、鎧、茶碗などの茶器、掛軸などたくさんの種類があります。それらがバラバラの状態で査定を申し込むと、買取業者側もあまりいい気がしません。作品自体の価値は分からなくても、ジャンルごとには分けておくことをお勧めします。 骨董品を高く売るためのコツとして次に紹介するのは、掃除しないことです。ホコリをかぶっている状態でしたら、軽く掃うくらいはしていいですが、それ以上は止めましょう。 例えば、茶碗を洗うことや刀を磨くなどは絶対NG。素人が手入れしてしまうと、骨董品が傷ついてしまい、価値が下がることがあります。もしも高く売るためにきれいにしたいのであれば、専門業者か専門店に依頼して下さい。 ここでのコツとして最後に紹介するのは、保管の状態です。正しい保管の方法については後ほど説明させていただきますが、高温多湿の場所で保管し続けると、掛軸にカビが生えたり刀が錆びたり、外箱が腐ってしまいます。そうなっては、高く買い取ってもらうことができません。また骨董品の相場価格は景気の影響も受けますので、できるだけ好景気の時に手放す方が高く買い取ってもらえる確率は上がります。

 

2. 絵画を高く売るコツを紹介します

絵画を高く売るコツは保存の状態と鑑定されているかどうかです!!

骨董品 お手入れ方法1 世界中で一定の人気がある絵画。有名画家の未発表作品などの場合、何十億という値段で取引されています。 お手持ちの絵画を高く売るためのコツとして最初に紹介するのは、品物の状態です。あり得ない話ですが、いくら岸田劉生や横山大観の作品だとしても、見た目がボロボロでは高く買い取ってもらうことはできません。特に油絵はしっかりと管理していないとすぐに腐食しますので、正しく保管することが重要となります。 次に紹介するコツは真贋の有無。例えばサルバドールダリのサインが入っていたとしても、本物かどうか素人では分かりませんね。某番組でも何百万円もした絵画が1万円と鑑定されることがよくあります。真贋を確かめておくことも絵画を高く売るための重要なコツですので、若干の費用は必要になりますが、信頼できる画廊や美術鑑定士に依頼しましょう。 ここでのコツとして最後に紹介するのは業者選び。先ほど真贋や鑑定書について触れましたが、それと同じように大切なのが売却をお願いする業者です。絵画や骨董の世界は海千山千ですので、悪徳な業者を選んでしまうと何百万円もする絵が二束三文で買い叩かれることもあります。そうならないために、海外オークションにもルートを持っている大手買取業者、3~5社に査定を依頼することをお勧めします。

 

3. 貴金属を高く売るコツを紹介します

貴金属を高く売るコツは景気動向をしっかりとチェックしておくこと!!

骨董品 切手入れ方法2 むかし付き合っていた人からもらったピアスや、自分へのご褒美で買った指輪など、意外と多いのが不要になった貴金属。 これを高く売るためのコツとして最初に紹介するのは、景気の動向や世の中の情勢です。貴金属の中でも金や銀、プラチナは景気によって相場が変動します。 特に安定資産である金はその影響が大きく、世界の情勢が不安定になるほど相場が上がります。デザインには流行がありますので、シルバーやプラチナがメインで使用されている貴金属でしたら、購入から日にちが経っていないほど高値で買い取ってもらえます。逆に金や宝石メインで作られている貴金属は、相場が上がったタイミングで手放すのが高く売るコツです。 高く売るコツとして次に紹介するのが鑑別鑑定書をつけておくことです。正規店で真珠のネックレスなどを購入すると、鑑定書が付いてきます。これがあるのと無いのとでは買取価格が大きく違います。真珠に関して言えば、真珠総合研究所と真珠科学研究所のどちらかの鑑別鑑定書があれば大丈夫です。ダイヤモンドなどの宝石は中央宝石研究所、AGTジェムラボラトリー、GIAの鑑定書があれば高く売ることも可能です。もし鑑定書を無くしてしまった、正規店で購入していないので鑑定書が無いという方は、有料にはなりますが鑑定書を発行してもらうことをお勧めします。

 

4. 食器を高く売るコツを紹介します

食器を高く売るコツは正しく保管しておくこととセットが揃っていることです!!

骨董品 保管方法 ここでのコツとして最初に紹介するのは、セットが揃っていることです。備前焼や有田焼などの国内の食器はセット品と一点物に分かれており、どちらも多く流通しています。 例えば結納や婚礼ではセット品が多く用いられていますし、大皿は一点物が多い。有名陶芸家が焼いた食器も一点物ですね。しかし海外の食器は全くの逆。ロイヤルコペンハーゲンやマイセンなどの食器はカップだけではなくソーサーとセットですし、5点セット、10点セットが多くみられます。そのため、セットが揃っている方が高く買い取ってもらえます。 食器を高く買い取ってもらうコツとして、次に紹介するのは保管方法です。詳細については別の項目で説明しますが、丁寧に保管しておかないと色があせたりホコリが被ったり、金の装飾部分が剥げたりします。これでは高く買い取ってもらうことは出来ませんので、使用した後は丁寧に洗い、しっかりと乾燥させてから収納するようにして下さい。それと、くれぐれも食洗器の使用はお控えください。 ここまで食器を高く買い取ってもらうためのコツを紹介してきました。備前焼や萩焼のように使うことで価値が出る食器もありますが、高く売りたいのであれば観賞用にしておくことをお勧めします。お手持ちの食器の価値が分からない時は、売る意思がない場合でも専門業者に査定してもらうと、詳しい金額が分かりますよ。

 

5. まとめ

高く売るためのコツに関する情報のまとめとポイントのおさらいvol.2

骨董品 高く売るための情報まとめ ここまで食器や骨董品、絵画、貴金属を高く売るためのコツを紹介してきましたが、最後におさらいも兼ねてポイントをまとめます。 まず大切なのは、現物の状態です。腐食や欠損があれば高く売ることができませんので注意が必要です。絵画は鑑定書があると買い取り額アップの可能性、貴金属に関しては鑑定書が無いと買取不可のケースも。 いずれにしても素人では判断が難しいので、一度査定を受けてみることをお勧めします。

 

おすすめ買取業者をピックアップ♪

 
骨董品・絵画買取業者を探す

らに細かな業種から探す

着物

遺品整理や古くなり着なくなった着物。処分に困っている着物を買取ができる業者を探せます

切手

バラ切手や切手シートなど、希少性がある価値の高い切手を買取できる業者を探せます

骨董品・絵画

茶道具や掛け軸。または絵画などの骨董品を買取できる業者を探せます

古銭・記念硬貨・記念メダル

古銭や記念硬貨を1点から複数まとめて買取ができる業者を探せます

金・貴金属

金・貴金属など価値の高い物を出張査定で安全に買取ができる業者を探せます

時計

ロレックスなどのブランド時計から、日本の有名時計ブランドまで、時計の買取出来る業者を探せます

毛皮

出張査定無料でフォックスやミンクなどの毛皮を買取にだせる業者を探せます

食器

高級食器の破損を気にせずに買取できる出張無料サービスを選べる業者を探せます

ブランド品

ヴィトンやグッチなどのバックや財布を買取できる業者を探せます

お酒

ワインや日本酒、ブランデーなど処分に困っている未開封のお酒を買取できる業者を探せます

道府県から検索