葬儀

「葬儀」とは、正しくは「葬送儀礼」のことで、亡くなったご家族や親族、ご友人など、大切な人を弔い、故人の冥福を祈って成仏を願うための重要な儀式です。大切な人との別れという現実と向き合い、その事実を受け入れるために、葬儀を通して気持ちの面でも社会的な意味でもひとつの区切りとするのに必要な儀式であり、プロセスとなっています。また、故人との別れの場としても大切な意味があり、故人との思い出や“ありがとう”という感謝の気持ちを伝える場でもあります。葬儀は、宗教宗派の死生観・世界観の違いから、仏教式や神式、キリスト教式、無宗教式などで儀礼や作法、お経、祭壇飾りから席の配置まで細かな違いがあります。日本では多くの葬儀が仏教式で行われており、法相宗/華厳宗/律宗/天台宗/真言宗/融通念仏宗/浄土宗/臨済宗/浄土真宗/曹洞宗/日蓮宗/時宗/黄檗宗などの宗派が主にあげられ、故人やご家族が信仰、または属していた宗教で葬儀が行われるのが一般的です。EPARKレスキューでは一般葬/家族葬/密葬/大規模葬儀/社葬/一日葬/直葬など、様々な規模や宗教、宗派に合わせて葬儀/お葬式/火葬を執り行える業者をお探しできます。

らに細かな業種から探す

葬儀屋

葬儀のあらゆるお悩みをサポートする葬儀屋を探せます

道府県から検索

役立ちコンテンツ