アンテナトラブルを状況別に紹介します

アンテナのトラブルでテレビが映らない、折れた、ノイズがある、倒れた場合の対処法をお伝えします。テレビが映らない、折れた、ノイズがある、倒れたとお困りの人もいるでしょう。アンテナにまつわる様々なトラブルは改善しないとテレビが見れなくなります。そのため、テレビを毎日見るような人であれば少しでも早く対処したいものですよね。この記事ではテレビが映らない、折れた、ノイズがある、倒れた場合の対処法まで解説します。この記事を読めば、アンテナにまつわるトラブルをどのように対処すればよいかわかるでしょう。

 

1. アンテナトラブルで映らない状況とは?

アンテナが映らない状況はテレビで確認し、配線などを確認しよう

アンテナトラブルで映らない 状況 アンテナが原因でテレビが映らない状況はテレビのリモコンで簡単に確認できます。受信レベルが低く、一定水準以下になっている場合は電波状況が悪くなっているため、改善が必要です。 まず最初に確認したほうがよいのは、配線のゆるみや抜けがないことでしょう。配線のゆるみや抜けがある場合、それらを接続し直すことで改善します。まずはこの対処法を試してみましょう。接続が十分ではないものの、確認できる場合はブースターを利用して改善する場合もあります。 屋根のアンテナに何らかのトラブルが起きている場合はアンテナ業者に修理を依頼しましょう。屋根作業は個人で対処できないわけではありませんが、転落のリスクがあるため、おすすめできません。アンテナ業者に依頼することで、アンテナが映らない状況の原因がわかり、安全な作業ができるでしょう。 アンテナ業者の修理の費用はアンテナが映らない状況がどのような原因かで変わり、5,000円~20,000円ほどになります。アンテナの位置の調整など、簡単な対処であれば費用はそれほどかかりませんが、交換が必要な場合は多少費用がかかるため、アンテナ業者によく相談してください。

 

2. アンテナトラブルで折れた時の状況とは?

アンテナが折れる状況は台風や経年劣化!経年劣化の場合は交換がおすすめ

アンテナが折れた 状況 アンテナが折れる原因として考えられるのは台風や経年劣化によるものが多いでしょう。アンテナ自体が劣化している場合もあれば、アンテナの周囲の屋根材や固定する金具が劣化した場合も考えられます。 いずれの場合でも、放置すればテレビが見れない上、折れたアンテナが落下し、自分や周囲の人やものを傷つけてしまう可能性も。後々のトラブルを引き起こさないためにも最低限折れたアンテナの除去などは必要です。 アンテナが折れた場合、修理で対応するか、アンテナ本体ごと交換が必要になるかどうかは、アンテナの状況によります。しかし、10年以上経過したアンテナの場合は、修理しても再発する可能性がある上、アンテナのサビなどが屋根材を傷めてしまうことも。そのような事態を回避するため、10年以上経過したアンテナは交換してしまうことをおすすめします。 アンテナが折れた原因が自然災害によるものの場合、火災保険の適用対象になることがあります。そのため、火災保険に加入している場合は保険内容を確認し、保険が適用できるのであれば、適用させることで修理費用を抑えられるでしょう。

 

3. アンテナトラブルでノイズが発生する状況とは?

アンテナノイズの原因は電波状況が悪いことで起きる!原因の特定を

アンテナトラブルでノイズ 状況 アンテナトラブルでノイズが発生するとはテレビを見ているときに画面がカクカクする、ブロックのようなノイズがある、音声が途切れ途切れ、または聞こえないような状態のことです。 この状態の原因はアンテナで十分な電波が受信できていないこと。そのため電波状況を改善することで問題は解決するでしょう。アンテナノイズが発生する原因と、アンテナが映らない原因は共通していることが多く、基本的には同じ方法で対処します。 アンテナが折れたり、倒れたりしている場合は元の状態に戻し、アンテナの位置が悪い場合はアンテナの位置を調整することで対処します。またブースターを購入して電波状況を改善することも選択肢です。アンテナ設置位置の調整などの場合はアンテナ業者に依頼しても修理費用はそれほどかかりませんが、アンテナの交換が必要になる可能性もあります。その場合は10,000円~20,000円ほどかかるため、準備しておきましょう。 アンテナノイズは屋根作業が必要になることが多く、個人での対処は転落のリスクがありおすすめできません。しかし、アンテナ配線のゆるみが原因のこともあります。アンテナ配線を接続し直すことで改善することがあるため、まずは配線を確認するとよいでしょう。

 

4. アンテナトラブルで倒れた時の状況とは?

アンテナが倒れるのは台風などの自然災害や経年劣化!個人での対処はNG

アンテナが折れた 状況 アンテナは金具や番線で倒れないように固定されていますが、台風や経年劣化の影響で倒れてしまうことがあります。設置した当初は適切な固定がしてあれば、よほど強い台風や地震でもない限りそう外れることはありません。 しかし、10年以上経過したアンテナはアンテナ本体や固定している金具や番線が劣化しており、台風などの自然災害の影響で倒れてしまう可能性があります。 このような場合、対処する方法としてアンテナを立て直すか交換する必要があります。アンテナの立て直しは一見すると簡単に見えますが、非常に危険な上、屋根への配慮が必要となるため、個人での対処はおすすめできません。屋根材を傷めることで余分な費用がかかる可能性がある上、転落して重大な怪我につながる可能性もあります。 アンテナが倒れた場合、立て直すことで電波状況が改善することは多いでしょう。ただし、経年劣化が関連してアンテナが倒れた場合、症状の再発やサビによって周囲の屋根材を傷める可能性もあります。そのため、10年以上利用したアンテナの場合はまだ使える場合でも交換がおすすめです。

 

5. 状況別のアンテナトラブル情報まとめ

アンテナトラブルは原因を特定し、古い場合はアンテナ交換を

アンテナトラブル まとめ この記事ではアンテナのトラブルによってテレビが映らない、折れた、ノイズがある、倒れた場合の原因や対処法を解説しました。 アンテナトラブルはそれぞれに対処法が異なり、まずは適切に原因を見極めることが大切です。屋根での作業が多いことから、個人での対処は難しくアンテナ業者に依頼することがおすすめです。 この記事を参考に早めにアンテナ業者に依頼し、状況を改善してもらいましょう。

 

おすすめアンテナ修理業者をピックアップ♪

 
アンテナ修理業者を探す

らに細かな業種から探す

パソコン修理・データ復旧

即日対応、24時間受付などお近くの業者を探せます

スマホ・iphone修理

パネル破損、バッテリー交換などを対応できるお近くの業者を探せます

電気工事

即日対応、見積り無料など、お近くの電気工事業者を探せます

アンテナ修理

テレビの映りが急に悪くなりましたらお近くの修理業者を探せます

エアコン修理

冷風・温風が出ないトラブルなど対応できるお近くの業者を探せます

換気扇修理

24時間受付、即日対応可能なお近くの修理業者を探せます

冷蔵庫・洗濯機修理

24時間365日受付の冷蔵庫や洗濯機修理業者を探せます

給湯器修理・交換

お湯が沸かないトラブルに即日対応可能なお近くの業者を探せます

道府県から検索