ムートン毛皮の買取情報

ムートンの毛皮を買取してもらう時に役立つ情報を簡単に紹介します。近年のブームで靴にも使用されているムートンの毛皮。加工や染色のしやすさと価格の安さから世界中で大人気です。それゆえ、子供服のコートから床や車のダッシュボードに敷くラグとしても好評を得ています。そこで今回は、ムートンの毛皮製品を買取してもらう時のメリットやデメリットなどの情報を、事例を交えながら紹介していきますので、参考にして頂けると幸いです。

 

1. ムートンの買取事例①

ムートンの買取事例その①他店で断られたムートンコートが売れた

ラクーンの毛皮 買取事例1 毛皮のコートがあまりにも収納を圧迫していたので売ることにしました。出張買取サービスを申し込み、来てもらったのですが、その担当の方が言うには、リンクスのコートとセットならムートンのコートも買い取ることができるけど、ムートン単体では買い取れないとのこと。 ムートンのコートを処分したかったので迷ったのですが、リンクスのコートを手放す気にはなれずお断りしました。後日別の買取業者に連絡し、ムートンのコートだけ買取して欲しい旨をお伝えすると、快く受けて頂き無事に買取してもらうことができました。 今回の事例のようなことは割と起こります。なぜなら、買取業者によって不足している毛皮の種類が違いますし、販売網もまちまちだからです。ムートンの毛皮の買取額は決して高い訳ではありませんが、一度断られたとしても別の業者に相談して見ることをお勧めします。 特にムートンの毛皮を使用している製品がブランド物なら尚更です。ハーレーダビッドソンのライダースジャケットやバーバリーのレザーコートなどは多少の年数が経過していても、ある程度の金額で買取してもらえる可能性が高いです。ただし、肝心の毛皮の部分にカビが生えていたり、変色が見られるときは買取してもらえない可能性が高くなります。それを防止するためにも、日頃からお手入れしておきましょう。

 

2. ムートンの買取事例②

ムートンの毛皮の買取事例その②フェイク毛皮でも高額で売却したケース

ラクーンの毛皮 買取事例2 ここでの事例として次に紹介するのは、フェイク品にも関わらず高額で買取してもらったケースです。フェイク品とは人工の繊維を使用して作られた毛皮のことで、近年では動物保護の観点からさまざまなブランドに取り入れられています。一般的には天然毛皮の方が高く、フェイクファーを使用しているコートなどは買取を断られるケースが多いです。 しかし、ムートン毛皮に関しては他の動物の毛皮と違い、今回の事例のように高額で売却できることもあります。その理由としては若者向けのアパレルブランドの多くがフェイクファーを使用しているからです。 現在のアパレルショップでは同じものを大量生産しない傾向にあります。ムートンのコートなどは多くて一店舗当たり入荷が10点程度。売り切れた時点で再入荷が難しいのです。そのため人気ブランドのムートンコートなどは中古でも高額で取り引きされています。 この傾向はミンクやセーブルには見られない若者特有の傾向といえます。あえて大量生産しないことで、その服自体の希少価値や人気を上げる。人気モデルがファッション誌で着用した服は入荷当日に売り切れることも。買取してもらいたい毛皮がムートンのフェイクファーでも、とりあえずは査定してもらうことをお勧めします。

 

3. ムートン買取のメリット

ムートンの毛皮を買取してもらう際のメリットをいくつか紹介します

ラクーンの毛皮 買取メリット まず最初に紹介するメリットは、早く売るほど高く売れることです。事例②でも紹介したように人気アパレルブランドのムートン製品は非常に希少価値があります。一方で流行が変わるスピードが早いのも事実。ですので、購入して何回か着用したタイミングで買取してもらうのがベストと言えます。 高く売ることができれば、それだけ次の服の購入資金に充てることができますね。それと事例①でも紹介したように、買取りを断られても別の業者に査定してもらいましょう。中には買取してくれることもあります。 ムートンの毛皮を買取してもらった時のメリットとして次に紹介するのは、収納スペースができることによるお部屋の片づけです。毛皮の付いたコートやジャケットは吊るしておくだけでそれなりの場所を取ってしまいます。着る予定が無いのであれば買取に出しましょう。スペースもできてお部屋の片づけも捗ります。 ここでのメリットとして最後に紹介するのは、欲しい人の手に渡るということ。せっかくの素敵な洋服も外で着ないと全く意味がありませんし、毛皮にとっても悲しいことですね。買取してもらうことによって本当に欲しい方の手に渡り、愛用されることになりますので、ムートン毛皮の立場からしても嬉しいことだと思います。

 

4. ムートン買取のデメリット

ムートンの毛皮を買取してもらう際のデメリットについて紹介します

ラクーンの毛皮 買取デメリット この毛皮を買取してもらう際のデメリットとして最初に紹介するのは、断られるケースが割と多いことです。ミンクやチンチラ、セーブルでしたら多少の傷みがあっても買取してくれるケースが多いのですが、ムートンのノーブランド製品でしたら比較的美品であっても査定額0円という事もあります。またムートンを使用したラグ製品などは、よほどの高級品(スプリングラム100%など)でない限り売却することは困難です。 次に紹介するデメリットは安く査定される可能性です。普段から毛皮を愛用している方やアパレルに精通している方でない限り、その毛皮の正確な価値を知っている人は少ないです。そのため低い査定額を提示されても仕方ないと思ってしまう方が多いのです。実は高額で取り引きされているケースもありますから、買取店に依頼する前に、必ず自分で調べておくことをお勧めします。 そのほかのデメリットとすれば、売ってしまうといざという時に再度購入する必要があることです。ムートンを含め、毛皮製品が必要になるシチュエーションは、多くの方が人生において何度もある訳ではありませんが、その事態に遭遇すると購入かレンタルかの二択になります。もしもムートンを手放すことに迷いがある場合は、もう一度冷静になって考えてから買取業者に依頼して下さい。

 

5. まとめ

ムートンの毛皮を買取してもらう時に役立つ情報のまとめとポイント

ラクーンの毛皮 買取情報まとめ ここまでこの毛皮の買取に関するさまざまな情報をお伝えしてきましたが、最後におさらいも兼ねてポイントをまとめます。 まず、ムートン製品はフェイクファーであっても高額査定してもらえることがありますので、ネットなどで事前に調べておきましょう。依頼していない出張買取は押し買いのケースがあるので要注意。しっかりとした買取業者に依頼することが大切です。 最後に、少しでも迷った時は一度冷静になって考えることをお勧めします。

 

おすすめ買取業者をピックアップ♪

 
毛皮買取業者を探す

らに細かな業種から探す

着物

遺品整理や古くなり着なくなった着物。処分に困っている着物を買取ができる業者を探せます

切手

バラ切手や切手シートなど、希少性がある価値の高い切手を買取できる業者を探せます

骨董品・絵画

茶道具や掛け軸。または絵画などの骨董品を買取できる業者を探せます

古銭・記念硬貨・記念メダル

古銭や記念硬貨を1点から複数まとめて買取ができる業者を探せます

金・貴金属

金・貴金属など価値の高い物を出張査定で安全に買取ができる業者を探せます

時計

ロレックスなどのブランド時計から、日本の有名時計ブランドまで、時計の買取出来る業者を探せます

毛皮

出張査定無料でフォックスやミンクなどの毛皮を買取にだせる業者を探せます

食器

高級食器の破損を気にせずに買取できる出張無料サービスを選べる業者を探せます

ブランド品

ヴィトンやグッチなどのバックや財布を買取できる業者を探せます

お酒

ワインや日本酒、ブランデーなど処分に困っている未開封のお酒を買取できる業者を探せます

道府県から検索