雨樋トラブルに関する情報

雨樋が故障する事例、原因、対策、修理相場を解説します。雨樋が劣化し外れてしまった、壊れてしまったなどのトラブルでお困りではないでしょうか。雨樋は屋根からの雨水を集め、外壁を汚さない役割を果たしています。この雨樋があることで、外壁の保護や周囲に雨水が飛び散るのを防ぐ役割があるのです。そのため、住宅のメンテナンスのときには雨樋にも注意を払う必要があります。この記事では雨樋が故障する事例、原因、対策、修理相場を解説します。

 

1. 雨樋の修理事例

雨樋が破損するのはつまり、台風や雪などの自然現象で壊れることも

雨樋のトラブル 事例 雨樋が破損する事例としてあげられるのは、雨樋のつまりや台風や雪などの自然現象が関係する場合もあります。 雨樋は木の葉やゴミ、砂などで少しずつ汚れがたまってしまいがちです。数ヶ月単位ではそれほど大したことではないように思われる場合もあります。しかし、それが1年数十年単位で見たときにつまってしまう可能性は十分に考えられるでしょう。 特に住宅の近辺に雨樋よりも高い位置に木がある場合、動物や鳥がとどまるような環境が整っている場合もフンなどの汚れでつまることがあります。また台風や雪などの自然現象で壊れることも。台風でなくても、突然の突風で雨樋を固定している金具が外れてしまうこともあるでしょう。これらのトラブルは施工不良が原因の可能性もなくはありませんが、経年劣化によって徐々に劣化が進むもののため、いずれは壊れてしまいます。

 

2. 雨樋が破損する原因とは?

雨樋が故障する原因は経年劣化でいつかは壊れる!自然現象で突発的に壊れることも

雨樋のトラブル 原因 雨樋が故障する原因は様々ですが、経年劣化が関わることが多いでしょう。雨樋は常に紫外線や雨風、温度変化に晒されています。温度変化や紫外線により、伸縮を繰り返し耐久性が低下します。 また風により金具や雨樋に負荷がかかることで、雨樋の破損や金具が取れる可能性もあるでしょう。砂、ほこり、葉っぱなどで雨樋がつまることも原因の1つです。つまっていると、雨樋から雨水が溢れ出してしまうだけではなく、雨樋に余分な物が乗っていることで、雨樋への負荷が大きくなり、故障しやすくなります。 雨樋が壊れる原因は様々ですが、すぐに故障に発展するものではなく、長い年月を経て少しずつ劣化が進んでいきます。そのため、数年に一度などで点検を行い、トラブルがないか確認してすることが大切です。そうすることで大きなトラブルに発展する前に対処できるかもしれません。

 

3. 雨樋が破損しないための対策

雨樋の故障対策は定期的に点検し、異常がないか確認することが大切!

雨樋のトラブル 対策 雨樋の故障対策は定期的に点検し、異常がないか確認することが大切です。雨樋は経年劣化によっていずれは故障してしまうものですが、雨樋を点検し、汚れなどを取り除くことで、雨樋が長持ちすることにつながります。 雨樋の汚れはちょっとしたものであれば、負荷を与えることはほとんどありません。しかし、汚れが堆積し溜まってくると、重量がある物が溜まった場合、負荷を与えます。すぐに除去しなければならないというほどのものではありませんが、数年単位で放置すると雨樋にダメージが蓄積されていきます。 そのため、1年や数年に一度でも雨樋の状態を確認し、汚れが溜まっていないか確認することで、長持ちさせられるでしょう。雨樋の劣化は個人の対策でできることは少なく、定期的な点検と掃除以外にできることはほとんどありません。

 

4. 雨樋修理の相場はいくら?

雨樋修理の相場は部分補修で10,000円~30,000円、交換の場合は30万円~50万円かかる

雨樋のトラブル 相場 雨樋修理の相場は部分補修で10,000円~30,000円、交換の場合は30万円~50万円です。雨樋の部分補修の場合と全体交換の場合で費用が大きく変わります。なぜなら雨樋の交換は2階建以上の住宅の場合、足場が必須だからです。 足場を組むための費用で10万円~20万円ほどかかってしまうため、どうしても費用が高額になります。材料費と施工費も高くなり、20万円~30万円程度かかります。 雨樋は素材にもよりますが、塩ビせいの雨樋の場合は15年~20年ほどが交換のタイミングだと言われています。そのため、15年以上経過している場合は部分交換で済ませられる場合でも、交換がおすすめです。 また、部分交換は普段メンテナンスを行い掃除などをしっかりとしていれば、防げる場合もあります。そのため、定期的なメンテナンスをしておけば、余分な出費が抑えられるかもしれません。

 

5. 雨樋のトラブル情報まとめ

雨樋は経年劣化でいつかは交換が必要!こまめな点検で長持ちさせよう

雨樋のトラブル まとめ この記事では雨樋が故障する事例や原因、対策、修理相場について解説しました。 雨樋は毎日外の厳しい天候にさらされており、15年~20年で経年劣化し、交換が必要になります。しかし、汚れが堆積した雨樋の場合は余分な負荷がかかることで、故障が早まる場合も。 この記事を参考に雨樋のメンテナンスを適切に行い、大切な雨樋を長持ちさせましょう。

 

おすすめ屋根修理業者をピックアップ♪

 
 
屋根修理業者を探す

らに細かな業種から探す

屋根修理

雨樋修理や瓦の交換・修繕などの屋根修理業者を探せます

外壁塗装

24時間受付、アフターフォローがある外装塗装業者を探せます

シャッター修理

手動・電動問わず、即日対応可能などのシャッター修理業者を探せます

畳・ふすま張替

24時間対応、見積り無料などの畳・ふすま張替業者を探せます

家具修理

見積り無料、家具組立代行などの家具修理業者を探せます

庭木剪定・草刈・造園

お庭に関する様々なトラブルに対応できる業者を探せます

雨樋・雨どい修理

雨樋(雨どい)の修理や交換、清掃などの雨樋に対応可能な業者を探せます

キッチン・お風呂

キッチン・お風呂のリフォーム業者を探せます

道府県から検索