毛皮の役割を種類別に紹介します①

ミンクやフォックスなど種類別の毛皮の役割を分かりやすく紹介します。昔から動物の毛皮を使用した製品を人間は暮らしに取り入れてきました。例えば、旧石器時代には寒さから身を守るために動物の毛皮を使用していたことは分かっていますし、熊を捕獲するマタギは、人間の臭いを消すために熊の毛皮を着ていました。そこで今回はミンクやラビット、フォックスなど種類別に毛皮の役割について紹介していきますので、購入や売却する際の参考にして下さい。

 

1. ミンク毛皮の役割とは?

ミンク毛皮の役割は防寒対策とコーディネートを同時に行えること

チンチラの毛皮 買取事例1 この毛皮の役割として最初に紹介するのは加工のしやすさです。他の動物と違いミンクの皮は薄く弾力性がありますので、さまざまな加工品に使用することができます。特に縫製のしやすさは毛皮の中でも群を抜いています。それゆえコートやファーなどで多く用いられています。 次に紹介する役割は耐久性。ミンクの毛皮は差し毛がしっかりとしていますので、すぐに抜け落ちることなく、長く着用することができます。さらに、軽量ですので体への負担なく、どの年代の方にもぴったり。 以上の3点から素材としての役割に特化した毛皮と言えます。最近では、突然変異により40以上の色が楽しめるのもあり、ファッション好きにはたまりません。 その他で言えば、周りの雰囲気を華やかに演出する役割があります。パーティーなどにミンクのコートを着ていくと、周りが一気にラグジュアリーな雰囲気になりますね。 この他にもたくさんの役割をもったミンクの毛皮ですが、タンスに入れたままにしておくと、せっかくの製品が台無しですので、着ないと判断したら買取専門業者に相談して見ましょう。購入した価格よりは大幅に下落しますが、思わぬ臨時収入になることがありますよ。最近ではネット見積もりも多くなっていますので、ぜひ一度お試し下さい。

 

2. フォックス毛皮の役割とは?

フォックス毛皮の役割は寒さから身を守ってくれる防寒性とシックな装飾性

チンチラの毛皮 買取事例2 この毛皮の役割として最初に紹介するのは防寒性です。他の毛皮と比較してフォックス毛皮は厚みがあるので、寒冷地でのコートなどに古くから用いられてきました。それでいて吸湿性にも優れていますので、蒸れによって発生した汗で冷えるということがありません。 また、セーブルやチンチラなどの毛皮製品よりもリーズナブルな価格ですから、庶民が暖を取るにはぴったりの毛皮と言えます。 フォックスはかつて世界中に生息していましたから、多くの地域で防寒目的で使用されてきました。しかし乱獲による絶滅が危惧されており、現在流通しているフォックス毛皮は全てスカンジナビア半島で養殖されたものです。 フォックス毛皮の役割として次に紹介するのは装飾性。高級感がありながらも、周りから浮くことはなく、自然に着こなすことができます。毛皮製品が多く登場した中世ヨーロッパなどと違い、現在ではさまざまな防寒素材が開発されています。ヒートテックなどの特殊繊維を使用したものや、内部にダウンを使ったコートなど。さらにフォックス毛皮に似せたフェイクファーもあります。「動物を処分してまで毛皮製品を作ることには反対」というのが世界の主流になりつつありますので、フォックス毛皮に関しても、その役割を終える日は近いのかも知れません。

 

3. ラビット毛皮の役割とは?

ラビット毛皮の役割は安価な玩具などにも使用されていることです

チンチラの毛皮 買取メリット この毛皮の役割として最初に紹介するのは、さまざまな物の素材です。ミンクなどの毛皮を玩具にすることはありませんね。あくまで高級毛皮ですから服飾品として流通しています。 その点ラビット毛皮は安価で手に入れることができますので、子どもや猫の玩具の素材として用いられています。また、大量生産にも対応できますから、軍服の襟部分の素材としても使用されていました。 ちなみに大昔は水筒の役割もしていたようです。くりだすようにして抜き取った肉は食用にして中をしっかりと綺麗にし、そこに水を入れておけば熱い時期でもあまり蒸発しません。砂漠を移動するキャラバンもこの方法で自分たちの飲み水を確保していたと伝えられています。 話は戻りますが、ラビット毛皮は玩具にも使用されるくらいですから、子供用コートのファーにも積極的に用いられています。 この毛皮だけに限った事ではありませんが、昔は肉や骨、血、毛皮など全てを有効活用していました。しかし現在では、毛皮目的で養殖されているウサギの肉を人間が食べるという事はありません。食用のウサギは全く別の種類。つまり毛皮を取るためだけに何千頭というウサギが殺されています。今は安価なラビット毛皮ですが、養殖の減少に伴い価値が上がる可能性があります。

 

4. チンチラ毛皮の役割とは?

チンチラ毛皮の主な役割は圧倒的な高級感とグラデーションの美しさ

チンチラの毛皮 買取デメリット この毛皮の役割として最初に紹介するのは手触り・肌触りのよさです。世界三大毛皮のひとつチンチラを用いて作られた製品はふわっと柔らかく抜群の手触り。一般的な動物の毛は差し毛と綿毛が混合して生えています。 差し毛は弾力があり硬いのが特徴で、外からの刺激に対し皮膚を守る役割があります。チンチラにはその差し毛が全くありませんので、綿毛だけの感触を楽しむことができます。 また、チンチラの毛皮は鮮やかなグラデーションが特徴で圧倒的な高級感があります。パーティーなどに着ていけば注目を集めること間違いなし。その場の雰囲気をより一層華やかなものにしてくれるでしょう。ただし、TPOをわきまえておかないと場違い感が半端ありません。チンチラ毛皮の持つ役割がマイナスに作用してしまい、その場の雰囲気を壊す結果になることも。扱いの難しい毛皮ですので、ファッション上級者におすすめです。軽くて高級感のあるチンチラの毛皮ですが、防寒性についてはあまり期待しないで下さい。あくまでも個人的な意見ですが、寒さをしのぐ毛皮でしたら、フォックス毛皮の方が機能的だと思います。 ここまでいくつか紹介したように、毛皮は種類によって役割が若干異なりますので、価格だけ見て決めるのではなく、ご自身に合ったものを選ぶことが重要です。

 

5. 毛皮の役割に関する情報まとめ①

種類別の毛皮の役割に関連する情報のまとめとポイントのおさらい

チンチラの毛皮 買取情報まとめ ここまでいくつかの毛皮の役割を紹介してきましたが、最後におさらいも兼ねてポイントをまとめます。 まず、高級感を求めるなら圧倒的にチンチラの毛皮。防寒着としての役割でしたら、ミンクやフォックス毛皮です。お手頃価格で毛皮製品をお求めになりたい方にはラビット毛皮やフォックス毛皮がおすすめ。 これらの毛皮製品は、手入れし続けないと役割を果たすことが出来なくなりますので、こまめにメンテナンスして下さい。

 

おすすめ買取業者をピックアップ♪

 
毛皮買取業者を探す

らに細かな業種から探す

着物

遺品整理や古くなり着なくなった着物。処分に困っている着物を買取ができる業者を探せます

切手

バラ切手や切手シートなど、希少性がある価値の高い切手を買取できる業者を探せます

骨董品・絵画

茶道具や掛け軸。または絵画などの骨董品を買取できる業者を探せます

古銭・記念硬貨・記念メダル

古銭や記念硬貨を1点から複数まとめて買取ができる業者を探せます

金・貴金属

金・貴金属など価値の高い物を出張査定で安全に買取ができる業者を探せます

時計

ロレックスなどのブランド時計から、日本の有名時計ブランドまで、時計の買取出来る業者を探せます

毛皮

出張査定無料でフォックスやミンクなどの毛皮を買取にだせる業者を探せます

食器

高級食器の破損を気にせずに買取できる出張無料サービスを選べる業者を探せます

ブランド品

ヴィトンやグッチなどのバックや財布を買取できる業者を探せます

お酒

ワインや日本酒、ブランデーなど処分に困っている未開封のお酒を買取できる業者を探せます

道府県から検索