《故障事例や対処方法など》ガス給湯器の修理について詳しくご紹介します!

ガス給湯器の故障はお湯が出なくなるため、非常に不便です。そのため、故障して動かなくなる前に修理やメンテナンスをするのがおすすめです。
今回はガス給湯器の故障事例や原因、対処方法、修理費用相場について解説します。この記事を参考にして、ガス給湯器が故障した場合でも慌てずに対処してください。

 

1.ガス給湯器で修理が必要になる事例

ガス給湯器は様々な部品を含む!お湯が出ないなどの状態になったら要注意!

ガス給湯器 修理事例 ガス給湯器は様々な部品を含み、故障事例もいくつかあります。 「お湯が出てこなくなった」、「温度が不安定になった」、「操作できなくなった」、「リモコンが操作できなくなった」などのトラブルが起こります。
その大きな要因は、経年劣化によるものです。ガス給湯器は毎日使うもののため、年月が経過すると、劣化が避けられません。
温度が不安定になるなどのケースは、ボイラーなどの部品が劣化したと考えられます。しかし、部品が壊れるような場合、ガス給湯器内部にあるそれ以外の部品も故障しているケースが少なくありません。 また、リモコンは使い方によって壊れやすい部品です。強い力で操作すると、ボタンが反応しなくなる液晶が映らなくなるなどの故障が起こります。この場合は、給湯器本体ではなく、リモコンが故障しているケースが多いです。 目安としては10年以上経過した給湯器は修理するよりも交換した方がよいといわれています。これ以上経過した給湯器は修理費が高額になる上、修理部品の取り扱いがなくなることが多く、修理できないケースも。そのような場合は給湯器を交換した方がよいタイミングだと言えるでしょう。

 

2.ガス給湯器が故障する原因とは?

給湯器故障の原因は経年劣化!ただし、使い方によってはもっと早く壊れることも。

ガス給湯器故障 原因 給湯器故障の原因は経年劣化です。経年劣化とは、時間の経過とともに部品の劣化が進むこと。 ガス給湯器は毎日使うもののため、経年劣化の影響が小さくありません。「火が不安定になる」、「普段通り使っているのに、火力が弱くなる」などの症状がある場合は、経年劣化による影響が考えられます。 そのため、丁寧に使っていても、10年以上経過したものの場合は、故障する可能性が0ではありません。ただし、使い方によってはより早く故障します。わかりやすい例がリモコンです。リモコンが故障すると、「操作ができなくなる」、「画面が読めなくなる」などしますが、使い方が荒いとリモコンだけが故障します。 また、経年劣化以外にも、冬寒い地域は配管の凍結に注意が必要です。配管が凍結すると、配管内で膨張するため、配管が割れてしまう可能性があります。配管が割れると、給湯器内部の配管や部品にも悪影響を与え、給湯器本体まで故障することもあります。 ガス給湯器の故障の原因の多くは経年劣化によるものですが、使い方によって、別の原因で故障することもあります。そのようなことがないよう、日々給湯器を丁寧に扱うことが長持ちさせるポイントです。経年劣化は避けようがないですが、人為的な故障は適切な使い方をすれば、回避できます。

 

3.ガス給湯器で修理が必要になった時の対処方法

ガス給湯器が故障した場合は早めに修理業者に依頼しよう!個人での対処は不可能!

ガス給湯器故障 対処法 ガス給湯器が故障した場合は、早めに修理業者に依頼しましょう。ガス給湯器は高温になる機械で修理業者以外の人が触るのは非常に危険です。 また、「故障かな?」と思っても、実際には、故障ではないケースもあります。まずはそのケースを疑ってみましょう。具体的には以下の点を確認してください。
・ガスの供給がされているか
・元栓はしまっていないか
・リモコンの電源が入っているか
・複数の場所で同時使用していないか
「当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、ちょっとしたことが原因のことも少なくありません。ガス給湯器の容量が小さい場合、複数場所で使用すると、ガスの勢いが弱まり、温度や水の勢いに影響します。 また、エラーの場合はリモコンに表示されたエラーコードを参照しましょう。取扱説明書に対処法が記載されていることもあるため、その対処法も試してみてください。 上記の対処をしてみて、状況が改善しない場合は個人での対処ができないケースが考えられます。そのため、修理業者に依頼しましょう。修理業者であれば、修理費用がどのくらいか、故障の原因も把握できます。場合によっては交換の方がよいケースも少なくありません。

 

4.ガス給湯器の修理費用相場はいくら?

ガス給湯器の修理相場は7,000円から!交換の場合は20万円ほど!

ガス給湯器修理 費用相場 ガス給湯器の修理相場は7,000円からです。給湯器の修理は修理業者の施工費用や移動の手間がかかるため、どうしてもこのくらいの費用はかかってしまいます。また、部品交換を伴う場合は部品代も内容に合わせてかかります。 故障が多いリモコンの場合は、メーカーにもよりますが、大まかに15,000円程度で対処してくれることが多いでしょう。リモコンのみの故障であれば、これだけの対処で改善します。 ただし、10年以上経過している給湯器などの場合、修理箇所が多く、修理費用が数万円から数十万円かかることも珍しくはありません。そのような場合は交換をおすすめします。 経年劣化した給湯器は全体的な部品の老朽化が進んでおり、修理したとしても、別の場所が壊れてしまいがちです。そのような場合、修理費用が無駄になってしまい、非常にもったいないことになります。そのような事態を回避するためにも、経年劣化した給湯器は交換してしまうのがベターです。 ガス給湯器がすぐに壊れてしまったという場合は、施工不良が原因かもしれません。その場合、保証の期間内であれば、無償で対処してくれます。あまりにも早く故障してしまう場合は、そのような可能性があるため、施工会社やメーカーに相談してみるとよいでしょう。

 

5.まとめ

ガス給湯器の故障は経年劣化の場合は交換がおすすめ!早めに相談して、トラブル予防を!

ガス給湯器修理 まとめ この記事ではガス給湯器の故障原因や、事例、対処方法、修理費用の相場について解説しました。 ガス給湯器は経年劣化の影響を大きく受ける機械です。そのため、経年劣化した給湯器の場合は修理して使い続けるより交換してしまった方がよいことも少なくありません。ぜひこの記事を参考にして、ガス給湯器の故障に早めに対処してください。

 
給湯器修理・交換業者を探す

らに細かな業種から探す

給湯器修理・交換

お湯が沸かないトラブルに即日対応可能なお近くの業者を探せます

ガスコンロ修理・交換

ガスコンロやビルトインコンロの修理業者を探せます

道府県から検索