屋根からの雨漏りが起こる原因や対処法、費用相場などを詳しくご紹介します!

屋根から急に雨漏りがあり、お困りではないでしょうか。屋根の雨漏りは住宅の構造を支える躯体にダメージを与えるため、早めの対処が必要です。
この記事では屋根の雨漏りの事例や原因、対処方法、費用相場について解説します。この記事を参考に、屋根の雨漏りに気付いたら早めに対処してください。

 

1.屋根の雨漏り事例を紹介

屋根材ごとの雨もり事例をご紹介します!

屋根雨漏り 事例 屋根の雨漏り事例としてはパターンがいくつもありますが、屋根材と板金に主な原因があることが多いです。 屋根材は素材の種類によりますが、適切な施工がされてない場合や、メンテナンスを怠っている場合、雨漏りが発生しやすくなります。 特にメンテナンスが必要なのが、スレート屋根です。これはカラーベストと呼ばれることもあります。スレート屋根は価格の安さから導入されることが多いですが、再塗装をしなければ劣化が進んでしまいます。そのため、塗装していなければ、浮きや反りが起こり、割れてしまう原因に。 ガルバリウム鋼板の場合、メンテナンスの必要性が薄いものの、サビや傷が見られる場合には、補修が必要です。 瓦の場合、塗装など瓦本体のメンテナンスは必要ありませんが、瓦のズレや割れがある場合や、瓦屋根下の漆喰がかけてしまっている場合、メンテナンスが必要です。それ以外のメンテナンスはほぼ必要ありませんが、不要というわけではないため、注意が必要です。

 

2.屋根の雨漏り原因

屋根の雨漏りの原因は、ルーフィングが劣化し、躯体内部に水が侵入してしまうこと

屋根雨漏り 原因 屋根の雨漏りの原因は、屋根材と屋根の間にある防水シートである「ルーフィング」が劣化し、躯体内部に水が侵入してしまうことです。
屋根材や板金などの素材が劣化することで、雨水が屋根の裏側に入りますが、ルーフィングが機能していれば、屋根から雨水が入ることはありません。ルーフィングに雨水が入ることで、徐々に劣化してしまい、最終的に穴が空いてしまいます。
そうなると、防水紙の役割を果たせず、雨漏りが起きてしまうのです。
屋根材や板金の劣化は雨漏りの直接の原因にはなりませんが、放置することで、雨漏りに発展してしまうため、早めの対処が大切です。 特に劣化しやすいのが板金です。板金は、板金屋根以外に屋根の谷の部分に使われます。谷となっている部分は雨水が集まるため、劣化しやすく特に雨漏りの原因になりやすいです。そのため、定期的に確認が必要な部分になるでしょう。

 

3.屋根から雨漏りした時の対処方法

屋根の雨漏りの対処方法は、原因に合わせた補修が大切!最悪の場合は葺き替えが必要

屋根雨漏り 対処方法 屋根の雨漏りは原因ごとに対処方法が変わります。ただし、適切なメンテナンスが行われていない場合に起こるというのは、どんな屋根材でも変わりません。 屋根材が部分的に痛んでいる場合、劣化が軽度であれば、部分的な交換で対処します。スレート屋根や瓦などで可能な工事です。
ただし、スレート屋根の場合、複数枚に劣化が進行していることがあり、部分交換では対応できない場合があります。その場合は、塗装、カバー工法、葺き替えのどれかの方法で対処できるでしょう。
塗装は屋根全体の塗装を行うことで、美観や耐久性を復活させる工事です。これは10年に一度程度行うと、雨漏れやスレート屋根の保護につながります。 これが難しい場合、既存の屋根の上からスレート屋根を新しく被せるカバー工法が行われます。塗装よりも費用がかかってしまうため、そうなる前に塗装を行うことが大切です。 カバー工法も難しい場合、屋根の葺き替えを行います。既存の屋根を全て撤去し、新しく吹き替える工事です。屋根からの雨漏りを確実に止められる方法ではありますが、費用が最も高額になる点には注意が必要です。 後に紹介した工事ほど、修理費用が高額になるため、早めの対処を行いましょう。

 

4.屋根の雨漏り修理費用の相場

屋根修理費用相場は部分工事であれば1万円から!塗装で40万円、葺き替えの場合はそれ以上

屋根雨漏り 費用相場 屋根修理にかかる費用相場は、部分工事で抑えられる場合か全体の補修を行う場合で費用が大きく変わります。 部分工事で抑えられる場合、費用は作業内容にもよりますが1万円から10万円程度かかるのが一般的です。 塗装を行う場合は屋根の面積にもよりますが、40万円から60万円程度かかります。
ただし、スレート屋根であれば、10年に1回くらいの頻度で塗装は必要になるものです。そのため、頃合いであれば、補修と合わせて全体塗装を行っておきましょう。
また、葺き替えやカバー工法を行う場合はそれ以上の費用がかかります。
カバー工法の場合、60万円から100万円程度が相場です。
葺き替えでなければ対応できない場合、120万円から200万円ほどの費用がかかります。
対処が遅れ、被害が大きくなるほど、大掛かりな補修が必要になります。そうなる前に対処することが大切です。
また、雨漏りは原因を適切に把握した上で対処方法を判断することが大切です。あやふやなままの場合、適切な工事ができず、雨漏りが止まらない可能性もあります。 そのようなことが起こらないよう、屋根の雨漏りは業者選びをよく考えて行いましょう。

 

5.まとめ

屋根の雨漏りは塗装やメンテナンスを正しく行うことで予防できる!

屋根雨漏り まとめ この記事では屋根からの雨漏りの事例、原因、対処方法、修理相場について解説しました。 屋根の雨漏りは放置しておくと被害が拡大しやすいため、早めの対処が大切です。屋根材の種類や時期に合わせ、定期的なメンテナンスを行うようにしましょう。雨漏りを発見した場合は、信頼できる業者を探し、原因を突き止めることが大切です。

 

おすすめ屋根修理業者をピックアップ♪

 
 
屋根修理業者を探す

役立ちコンテンツ

らに細かな業種から探す

屋根修理

雨樋修理や瓦の交換・修繕などの屋根修理業者を探せます

外壁塗装

24時間受付、アフターフォローがある外装塗装業者を探せます

シャッター修理

手動・電動問わず、即日対応可能などのシャッター修理業者を探せます

畳・ふすま張替

24時間対応、見積り無料などの畳・ふすま張替業者を探せます

家具修理

見積り無料、家具組立代行などの家具修理業者を探せます

庭木剪定・草刈・造園

お庭に関する様々なトラブルに対応できる業者を探せます

雨樋・雨どい修理

雨樋(雨どい)の修理や交換、清掃などの雨樋に対応可能な業者を探せます

キッチン・お風呂

キッチン・お風呂のリフォーム業者を探せます

エクステリア・外構工事

エクステリア・外構工事などの、住宅環境に関わる施工を行う業者を探せます

道府県から検索