ペットの遺骨はどうする?火葬後の供養方法についてご紹介します

大切な家族の一員であるペットがお亡くなりになったあと、人間と同じように火葬を行い、返骨されたご遺骨をしっかりと供養してあげたいとお考えになる飼い主様も多いですよね。
ご遺骨の供養方法は様々な種類があり、明確にこうしないといけないといった決まりもないので、飼い主様のお気持ちやライフスタイルに合わせて供養方法を選びましょう。
今回この記事では、火葬後のペットのご遺骨をどうするかについてご紹介しています。ぜひ大切なペットの弔い方法を考えるときの参考にしていただけますと幸いです。

 

1.ペットの火葬後、ご遺骨はどうする?

供養方法はさまざま!どのようにペットを弔いたいかを考えて選択してください。

ペットの遺骨どうする? ペットは、癒しや安らぎなどわたしたちの生活に多くの喜びを与えてくれる大切な存在です。 そんなかけがえのないペットがお亡くなりになったとき、昔ならご遺体を自宅の庭や空き地、公園などに埋葬したり、自治体に引き渡したりといった方法が一般的でした。 しかし、現在では、大切な家族の一員であるペットは、人間と同じように火葬をしたり葬儀をしたりして、しっかりと供養を行いたいといった希望のある飼い主様がほとんどになっています。 そのため、ペットが亡くなったらペット葬儀業者へ連絡をして火葬をするといった考えが一般的となっています。 さて、その火葬が終わった後ですが、個別での火葬を行った場合、ご遺骨は返骨されます。逆に返骨を望む場合は、合同火葬ではなく、個別での火葬を依頼するようにしましょう。 返骨されたあとの供養方法は、霊園に納骨したり、お墓に埋葬したり、自宅に骨壺を置いて供養したり・・・など様々です。 ご自身やご家族と相談して、「どのように供養したいか」「どのようにご遺骨を管理したいか」「管理費などの費用をいくらかけられるか」など、生活スタイルにあわせて総合的な視点からピッタリの供養方法を選択してください。
一番大切なのはペットを弔う気持ちです。
次項では、火葬後のご遺骨の供養方法についてご紹介します。

 

2.火葬後の供養方法 ご遺骨を手元に置かない場合

ご遺骨を手元に置かない場合の供養方法をご紹介します。

ペットの遺骨 納骨 ・ペット霊園の墓地へ埋葬する
お墓への納骨を希望する場合は、他のペットと合同で埋葬するパターンと個別で埋葬するパターンがあります。
ご自身のペットが他のペットと一緒に眠ることでさみしくないようにと考える場合は合同墓地への埋葬がおすすめです。また、合同墓地に埋葬すると慰霊祭などが開催されるので、定期的に供養を行うことができます。ただし、一度合同墓地へ埋葬を行うと、他のペットのご遺骨と混ざってしまうため取り出すことはできなくなります。
個別の墓地では、ご遺骨を埋葬して土に還すケースと、骨壺ごと納骨スペースへ納めるケースがあります。墓石のデザインを選べたり、お供え物を供えられたりと、人間と同じように手厚く供養が行えます。 また、最近では飼い主様とペットが同じお墓に入ることができるプランを用意している霊園も存在します。 ペット霊園によりますが、墓地の掃除などを代行してくれるプランが用意されている場合は、管理費はかかってしまいますが、お掃除の手間が省け、お墓を綺麗な状態に保つことができます。 ・ペット霊園の納骨堂へ納骨する
納骨堂にも墓地と同じく合同で弔うプランと個別で弔うプランがあります。また、納骨堂はいわば屋内にあるお墓なので、開館時間内であれば雨などの天気に関係なくいつでも快適に手を合わせることができます。
ペット霊園によって、年間契約の一時預かりのみのプランだけでなく、管理者が飼い主様に変わってご遺骨を供養・管理してくれる永代供養のプランが用意されています。
こちらも合同墓地と同様に、定期的に合同慰霊祭を行ってくれます。
・海や山などの自然または自宅の庭に散骨する
散骨とは、ペットを自然に還してあげるといった考えのもと、ご遺骨をパウダー状に砕く「粉骨」といった作業を済ませた後に、海や山などの自然や、ご自宅の庭や生前お気に入りだった散歩コースなどにお骨を撒いて行う供養方法です。
ペットの散骨に関する法律やルールなどは定められておりませんが、他の方の私有地など許可がいる場合があるので、事前に確認をかかさないことと、他の方を不快な気持ちにさせないよう節度を守って行うことが重要です。
ご自宅にお庭がない場合、プランターに散骨する方法もあります。

 

3.火葬後の供養方法 ご遺骨を手元に置きたい場合

大好きなペットと離れたくない場合は、ご自宅で供養しましょう!

ペットの遺骨 手元供養 ご遺骨を手元に置いておきたい場合の供養方法をご紹介します。
まず大前提として、火葬を行ったあとのペットのご遺骨を手元に置いておくことは法律上なんの問題もありません。中には、ご遺骨をいつまでも持っていていいのかなと不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。
ご自宅でご遺骨を保管する方法としては、骨壺をそのまま保管される方が多いです。保管する場所としては、自宅の家族集まるリビングやペットが生前お気に入りだったスポットなどがよく選ばれます。 そのほかにも、ペット専用の仏具などを揃えてお仏壇を作ったり、写真や生前好きだったおもちゃなどを飾って祭壇を作ったりと、供養の方法は様々です。
また、ペットの生前の姿で作ったクッションやぬいぐるみといった世界にひとつだけのメモリアルグッズを作られる方も多いです。
いつでもペットをそばに感じたい場合は、ペットのご遺骨をアクセサリーに加工したもの、粉骨してカプセルの中に保管するご遺骨カプセルなどを身につけるといった供養方法もあります。
また、一度手元供養を選んだあとに霊園などへ納骨することも可能です。ペットの場合、49日などの法要の決まりなどはないので、すぐに供養方法を決められない場合はまずは手元供養を行い、その後ほかにされたい供養方法が見つかればそちらに変更するのもひとつの手です。 自宅供養を行う際に大きな骨壺を置くスペースがない場合は、粉骨を行いお骨の体積を減らすことで小さな骨壺へのサイズダウンも可能です。
粉骨はご自分でも行えますが、乳鉢などの準備が必要となり、作業を行うにも相当な体力が必要になります。また、大切なペットのお骨をご自分で砕くといった行為をお辛く感じられる方も多いので、火葬を行ってもらった業者などに粉骨を依頼してみることをおすすめします。

 

4.供養を行う際の注意点

自宅供養を行う際は、ご遺骨のカビに注意!霊園選びでは、アクセスの良さや雰囲気、スタッフの対応などに注意して決めましょう。

ペット遺骨 供養 注意点 ペットのご遺骨をご自宅で保管する場合は、湿気でお骨にカビが生えてしまわないよう注意が必要です。
陶磁器や金属でできている骨壺は湿気が溜まりやすく、そのままにしておくといつの間にかカビが生えてしまっている恐れがあります。大切なペットのお骨にカビが生えてしまっては悲しいので、湿気の多い場所や、結露の起こりやすい寒暖差の激しい場所などには保管しないようにし、シリカゲルなどの吸湿剤などを使用して湿気対策には十分気をつけてください。
そのほかにも、小さなお子様や他に猫などのペットがいるご家庭では、骨壺を誤って倒してしまわないような場所への保管を行いましょう。
また、ペット霊園への埋葬・納骨を希望する場合は、ペット霊園の選び方にも気をつけるようにしてください。
まず、一番に考えていただきたいのは、ご自宅からのアクセスの良さです。 ご自宅から近い場所にあり、会いたくなった時に気軽に会いに行けるような霊園が理想とされます。
いくつかの霊園を見学してみてその雰囲気を確かめてみたり、インターネットなどで評判を調べてみたりすることも重要です。
見学に訪れた際には、スタッフの方たちの対応や管理が行き届いているかなどもチェックしましょう。大切な家族を安心してお任せできるような動物愛にあふれたスタッフの方々なら信用できることでしょう。
さらに、料金に関しても複数の霊園から見積りを取って、その中で納得のいくものを選ぶようにしましょう。最初に伝えられていた料金から大幅に値上げされたり、きちんと説明を行ったりしてくれない霊園は避けた方がいいです。料金体系が明確できちんとしているか注意する そのほかにも、将来お引っ越しの予定がある場合は、現在の自宅のお庭に埋葬したり、現在の自宅の近くの霊園に納骨したりといった供養方法は選ばない方がいいかと思います。
自宅のお庭に骨壺を埋めたままその土地を売ってしまうと後々トラブルにつながる恐れがあるほか、引っ越し先から遠い霊園に預けてしまうと会いたいときに会いに行けなくなってしまいます。

 

5.まとめ

この記事では、ペットの火葬を行った後のご遺骨の供養方法についてご紹介しました。

ペット遺骨 供養方法 まとめ ペットの供養を行う際は、飼い主様のお気持ちと生活スタイルに合わせた方法を選択することが一番です。 ペットのご遺骨の供養方法には、明確にこの日までにどうにかしないといけない等の決まりはありません。ですので焦らずにじっくり考えて、ご家族の皆さんが納得のいく最適な方法で弔ってあげましょう。 ただし、ご遺体の火葬はペットがお亡くなりになったあとできる限り早く行わないと行けません。
その後の供養を考えると、返骨をしてもらえる個別での火葬をペット葬儀社へ依頼することをおすすめします。

 

6.おすすめペット葬儀業者をピックアップ♪

 
ペット葬儀・ペット火葬・ペット葬式業者を探す

役立ちコンテンツ

らに細かな業種から探す

ペット火葬・ペット霊園・ペット供養

24時間受付、お見積り無料などお近くのペット葬儀業者を探せます

道府県から検索