カメムシによる被害と対策方法とは?

カメムシによる被害と対策方法とは?カメムシによる被害と対策方法についてご紹介します。カメムシは成虫が幼果から着色期の果実を吸汁することによって発生します。口針を果肉まで刺し込むので被害部位は果肉と果皮が癒着し剥皮しにくくなるとされています。果肉は吸汁されると水分がなくなって硬化し、食味が悪くなってしまいます。着色期前に吸汁されると加害部周辺の果皮は異常着色し、落果しやすくなります。大発生すると集団で新梢などを吸汁加害する結果、枝が枯死することもあるとても危険な害虫になります。今回はそんなカメムシに関する情報をご紹介していきたいと思います。

 

1. カメムシによる被害とは?①

カメムシによる被害についてご紹介します。①

カメムシによる被害1 カメムシが襲う農作物は様々な種類にわたります。豆類やアブラナ科やナス科の植物をはじめ、カボチャ、ピーマン、ジャガイモ、サツマイモ、イチゴ、稲、タバコにも付いてきます。 さらに、果実部分を好んで吸うため、若い果実を吸汁されると変形したり落下したりしてしまうという被害が出ます。熟した果実の場合は腐敗したり食べると異臭がしたりするという被害も報告されているそうです。 豆類では莢の上から実を吸うため、実の入りが悪くなったり実が変形したりしてしまいます。 果実部分以外では新芽や茎葉に被害が及びます。特に新芽の被害は深刻で、新葉が奇形になる、茎が曲がる、葉に穴が開くなどの症状が出る場合があるためそういった異変がある際は1度確認が必要になります。 カメムシの害を受けてしまうと、その作物は基本的に生育不良となってしたい、商品価値が著しく落ちて出荷できなくなってしまいます。そのため、発見して駆除した際に、捕獲しようと触るとご存知の通り悪臭がする汁を放つため注意が必要になります。 この汁の匂いが作物に付いてしまっても商品価値が下がってしまうため駆除の際も慎重に行いましょう。

 

2. カメムシによる被害とは?②

カメムシによる被害についてご紹介します。②

カメムシによる被害2 カメムシは作物を変形させてしまうという被害も及ぼしますが、その他にも匂いによる被害も及ぼす場合があります。 カメムシは触ったりすることによって習性的にとても臭い汁を体から分泌するという習性があります。その匂いは皮膚や服などにつくとしばらく消えません。それほど臭い匂いのためカメムシを発見した際は素手で触るといったことはできるだけ避けることをおすすめします。 カメムシを駆除する場合は手袋などを着用し、殺虫剤などを使用して駆除する方法をおすすめします。駆除の際も慎重に注意して行う必要があります。 また、カメムシは洗濯物などにも集まって付着するという可能性もあるため、外干しを行った際は洗濯物を取り込む際に1度しっかりと確認をすることをおすすめします。 その他に、カメムシによって吸汁されたトマトなどは、見た目が透けたようになってしまい、中身がスポンジ状で触ると柔らかくなってしまいます。カメムシのイヤな臭いも付いているので、とても食べれたものじゃありません。なのでそういった症状が育てている作物に見られる場合は1度全体を確認してみましょう。

 

3. カメムシへの対策方法①

カメムシへの対策方法についてご紹介します。①

カメムシへの対策方法1 カメムシの対策はまず、カメムシの数を減らすことから始めましょう。 カメムシは草木の間を移動して行動しています。エサとなる植物や、卵を産み付ける場所をなくしてしまえば絶対数を減らすことができます。そのため草を1度刈ってしまいましょう。 ですが、刈った後の草もほったらかしにするとカメムシの隠れ家になってしまいます。なので、刈った後は直ぐに片付けるようにしましょう。 そして、カメムシは5月頃から活発に行動しはじめ、葉の裏に卵を産み付けます。 そのままほったらかしにしておくと大量発生する原因になってしまいます。そのため暖かくなる前から雑草対策をしておくことをオススメします。 また、農薬に抵抗がなければ、草を刈った後に粒剤タイプの除草剤をまいておくとより効果的なためおすすめです。 カメムシの習性や、産卵期などもしっかりと調べておくことで大量発生を未然に防ぐことができます。そのため、しっかりとカメムシに関する情報を調べて、勉強しておくことがとても大切になり、対策の基本になります。

 

4. カメムシへの対策方法②

カメムシへの対策方法についてご紹介します。②

カメムシへの対策方法2 カメムシへの対策方法は他にも様々な方法が存在します。その方法とは、網戸やサッシなどのカメムシが入り込める隙間にテープを貼り隙間を埋めてしまうという方法になります。 2mmの隙間があれば容易に侵入してきてしまうカメムシには、隙間を埋める対策法もとても大事になります。 ホームセンターではすきま風や結露防止用の隙間テープを購入することができます。窓やサッシの大きさに合わせて切り、テープで貼るだけなのでとても簡単に隙間対策ができるためおすすめの対策方法になります。 そして、壁の隙間にはパテやコーキング剤を使用して隙間を埋めてしまう方法がおすすめになります。住宅は電気の配線やエアコンの設置で壁に穴を開けることがあります。そういった隙間にパテを埋めていくという方法になります。 シリコンのコーキング剤などは安価に手に入れることができます。 使う物によっては細かな道具が必要な場合があるため注意しましょう。 他にもカメムシの習性を生かした対策方法もあります。カメムシは香りの強いハーブのニオイが苦手になります。特にミントの香りは忌避効果が高いといわれています。 薬局ではハッカ油が購入できますのでこのハッカ油を利用して、忌避剤をつくりカメムシを撃退する方法も効果的になります。

 

5. カメムシの被害と対策まとめ

ここまでご紹介したカメムシによる被害と対策方法についての情報のまとめ。

カメムシの被害と対策 まとめ カメムシは身の危険を感じたり刺激されるととても強い匂いのする汁を体から分泌するのが特徴的です。 皆さんもそんな体験をしたことがあると思います。カメムシによる被害は様々存在するため、しっかりと対策方法を知っておくことが大切になります。 ご紹介した対策方法や被害の他にも様々な情報が存在するため気になる方は是非調べてみましょう。間違った方法を行ってしまうと被害をさらに雄々しくする危険性もあるためしっかりと調べておくことをおすすめします。

 

おすすめその他害虫駆除業者をピックアップ♪

 
その他の害虫駆除業者を探す

らに細かな業種から探す

シロアリ駆除

無料現地調査、アフターサポートなどお近くのシロアリ駆除業者を探せます

ハチ駆除

最短15分到着、24時間相談可能などお近くのハチ駆除業者を探せます

その他の害虫駆除

ムカデ・ゴキブリ・ダニ・ノミなどお近くの様々な害虫駆除業者を探せます

道府県から検索