シャワーの水圧が弱い! 自分で調整する方法や業者の依頼費用を紹介

現代人の生活に欠かすことのできないシャワー。人によっては朝に浴びるという方もいらっしゃるでしょう。しかし、中には水圧が弱くて困っているという方も多いと思います。今回はその原因とシャワーの水圧を上げるための方法について解説していきます。

 

1. シャワーの水圧が弱くなる原因

シャワーの水圧が弱くなる原因はさまざまです。これらの原因を把握しておくことが水圧を引き上げる一番の近道です。

シャワーの水圧 弱くなる原因 ①あらかじめ水圧が調整されている
止水栓は、蛇口を修理したり、蛇口が壊れたりした際に水漏れが起こらないようにする役割があります。水漏れしないように、水圧はコントロールされているのです。蛇口などの水栓器具の近くに止水栓が設置されています。商品の説明書を読みながら、水圧が調整されていないかどうか確認してみましょう。
②給湯器の容量が足りない
給湯器はお湯をコントロールするのに欠かすことのできない存在。使用するお湯に対して作られるお湯の量が少ないと、必然的にシャワーの水圧が下がります。作られるお湯の量は給湯器の号数で表示されています。例えば24号の号数なら、「1分間に24リットルのお湯を使うことができる」ということを意味します。また給湯器に故障や不具合が見られると、お湯が出にくくなります。
③フィルター部分が目詰まりしている
シャワーヘッドとホースの中間にはストレーナーというフィルターが付いていて、目詰まりを起こすことがあります。ゴミを除去するための部品ですが、掃除をしていないとゴミや水垢といった不純物が蓄積されていきます。

 

2. シャワーの水圧を改善する方法①シャワーヘッドの掃除をする

水圧を上げるためにまずやっておきたいのが、シャワーヘッドやフィルター部分などの掃除です。

シャワーの水圧 改善する方法① 特別な道具を用意する必要はなく、身の回りにあるものだけで気軽に掃除ができます。用意するものは次の通りです。 ・使わなくなった歯ブラシ
・お風呂用中性洗剤
・クエン酸もしくはお酢
・洗面器
・つまようじ
汚れをきれいに落とすために、まずはシャワーヘッドを分解します。ホースからヘッド部分を外しましょう。このとき細かい部品が水に流れないように注意しましょう。構成されている部品が多い場合は、取扱説明書を手元に置きつつ掃除するといいでしょう。またメーカーのホームページにも取扱説明書や分解方法が掲載されています。 分解のできない場合は、無理に分解せず洗面器やバケツにお湯を張っておいた上で掃除します。フィルター部分に付着した汚れはブラシを使ってきれいにしておきます。 シャワーヘッドにある穴は、古歯ブラシにお風呂用中性洗剤をつけ、ゴシゴシ洗っていきます。細かい汚れがあれば、つまようじを使って取り除いていきます。もし頑固な汚れが付着している場合は、つけ置きします。水を張った洗面器に大さじ1杯分のクエン酸を入れ、そこに1~3時間浸すと汚れが落ちやすくなります。

 

3. シャワーの水圧を改善する方法②シャワーヘッドの設定を確認する

シャワーから出されるお湯の量を多くしたいときは、ヘッド部分を交換するのも有効。最近では手軽に水圧を調整できる水圧シャワーヘッドが人気です。

シャワーの水圧 改善する方法② 水圧シャワーヘッドは、シャワーから出される水の量を調節できる機能を持っています。ヘッド自体の大きさを変えたり、穴の数の大小を調節したりと、いろいろ嬉しい機能があります。 ホースで水を撒くときに、指で先端を狭めると水の勢いが上がるのと同じ仕組みです。水を多く使用したいだけではなく、節水したい場合にも役に立ちます。もし出てくるお湯の量を少なくしたい場合には、穴の部分を少なくするように調節します。 シャワーヘッドの種類は実にさまざまで、水圧の強さを基準に選ぶ際には「低水圧用」と書かれているものがおすすめです。 こうしたシャワーヘッドは水が直線状に出るように設計されているので、確かな水圧の強さを実感できます。他にも穴が少なく設計されているタイプのシャワーヘッドも水圧の強さに関して定評があります。取り付けも簡単で、これといった工具を利用することなくご自宅のお風呂場に導入できます。多くのシャワーヘッドは現在使っているものを取り出し、代わりに新しいものをはめ込むだけで作業が完了します。

 

4. シャワーの水圧を改善する方法③止水栓を調整する

止水栓を調整することによって、自由にシャワーの水圧を変更できます。

シャワーの水圧 改善する方法③ 調整したい場合は、自宅の止水栓がどこにあるかを前もって知っておく必要があります。 ①一戸建て住宅の場合
戸建て住宅にお住まいの場合、自宅の外にある水道メーターボックスの中に止水栓が隠されています。青い色の蓋がしてありますので、まずはそれを開けます。すると中には水道メーターとその横にハンドルが並んでいます。このハンドルこそが止水栓です。このハンドルを左に回すことで水圧が強まり、反対に右に回すことで水圧が弱まります。もし水道メーターボックスがない場合には、ご自宅の自治体の水道局もしくは水道課に連絡して聞いてみましょう。
②マンションやアパートの場合
マンションないしはアパートであれば、玄関ドアの近くなどに水道メーターボックスが設置されています。中をあけると先ほどと同じようにハンドル式の止水栓がありますので、これを調整します。方法は同じで、左で水圧を強めに、右で水圧を弱めに変更することができます。
③屋内に設置されている場合
ご自宅によっては浴室の近くに止水栓が設置されている場合もあります。浴室における止水栓は蛇口本体に付いています。これを先ほどのように回すことで水圧を上げられます。

 

5. 業者に修理を依頼した場合の費用

もしこれらの方法を試してみても水圧が改善されない場合には、水道の専門業者が頼りになります。

シャワーの水圧 費用 水道管の劣化や破損など、個人ではなかなか対処が難しい場合もあります。そうなったら速やかに水道工事のプロに連絡するのが賢明です。 浴室における作業費用の目安はおおよそ次のようになります。 ・蛇口コマパッキン交換:1,000~1,500円
・パッキン部分の交換:4,000~5,000円
・止水栓交換:12,000~25,000円
修理・交換費用以外にも出張料や深夜料金などがかかってきます。業者を選ぶにあたっては、なるべくご自宅に近いところに依頼することが大切。お住まいの住所から近い業者であれば、それだけ出張費用が安く済みます。 また、作業に入る前にあらかじめ作業内容の見積もりを取ってもらいましょう。近年では数多くの業者が無料で見積もりを実施しています。いくつかの業者に見積もりを依頼し、比較してみましょう。 個々の業者の費用に関しては、企業のホームページにも掲載されています。まずはホームページ上の料金案内を見ておくのも良いです。全国各地にはさまざまな水道業者が存在します。冬場の水道管トラブルでお悩みの際には、まずインターネットでいくつかの業者のサイトを確認しましょう。

 

おすすめ水道業者をピックアップ♪

 
水道トラブル業者を探す

らに細かな業種から探す

水漏れ修理・水道工事

24時間対応、最短30分駆けつけなどお近くの業者を探せます

トイレつまり・排水溝つまり

トイレの排水溝トラブル対応可能なお近くの業者を探せます

キッチン・台所水漏れ

キッチン・台所の水漏れトラブル対応可能なお近くの業者を探せます

シャワー/お風呂のつまり・水漏れ

シャワー/お風呂の水まわりトラブルに対応可能なお近くの業者を探せます

道府県から検索