ベッドを長持ちさせるための情報を紹介

ベッドの寿命や長持ちさせるポイント、手入れの仕方を解説します。ベッドをできるだけ長く使いたい、そう考える人は多いでしょう。ベッドの寿命は使い方や素材に大きな影響を受けるため、適切な使い方を知ることが大切です。この記事ではベッドの寿命や長持ちさせるポイント、手入れの仕方を解説します。この記事を読めばベッドを長持ちさせるためにどんなことに注意した方がよいのか、その方法が分かりますよ。

 

1. ベッドの寿命は何年?

ベッドの寿命は平均で10年~15年、木製の場合はもう少し長く、金属製のものは短い

ベッド 寿命 ベッドの寿命は平均で10年~15年、木製の場合はもう少し長く、金属製のものは短いと言われています。ただし、これは使い方などにもよるため、ここまで使ったから交換するというものではなく、目安程度だと考えましょう。寿命が近づいたサインを見極めることが大切です。 具体的なポイントは例えば、以下のものがあります。
・寝心地の悪さを感じるようになった
・ベッドに乗ったときにギシギシ音がするようになった
・ベッドにカビが生えてきた
これらの症状が確認できる場合は交換を検討するタイミングでしょう。
寝心地の悪さはベットマットに由来する場合もありますが、ギシギシ音がするなどベッドの構造が起因している場合は、ベッドの構造に問題があると考えられます。放置していると最悪の場合、ベッドが急に壊れることも。寿命が近付いたからと言ってすぐにトラブルが起きるとは限りませんが、すぐに対処した方が何かと安心できるでしょう。 カビが見られる場合は症状の進行具合によってはカビ対策などで対策できます。しかし、カビが構造の内部まで進行している場合はそう簡単には落とせないため、ベッド本体の交換を検討した方がよいと言えるでしょう。カビは健康面への影響が大きく、体調不良の原因にもなりかねないため、早めの買い替えをおすすめします。

 

2. ベッドを長持ちさせるためのポイント①

長持ちさせるポイント①:構造や素材がしっかりしたものを選ぶことが大切!

ベッド 長持ちのポイント1 ベッドを長持ちさせるポイントは構造や素材がしっかりしたものを選ぶことです。ベッドは使い方によって寿命が変わるのは確かですが、毎日8時間以上使うような場所のため、ベッドそのものの耐久性も重要になります。 寿命が長いベッドを選ぶポイントは以下の通りです。
・ベッドの足が短いもの
・梁や桟が多く太いもの
・素材が頑丈なヒノキやマツを選ぶ
・床板がすのこになっているもの
ベッドは足が高いほど重心が高くなるため、負荷が大きくなります。そのため、足が短いものを選びましょう。
ベッドの梁や桟は多く、太いほど、耐久性が高いため頑丈になります。材質はヒノキやマツが頑丈なため、素材に迷った場合はこれらの素材を選びましょう。床板は板よりもすのこの方がおすすめです。すのこの方が通気性が高く、カビが生えにくいため、長く使いやすいでしょう。 ベッドは素材や構造によって耐久性が変わるものです。ベッドの種類は非常に豊富ですが、大まかに言えば上記のポイントを抑えておけば、後悔しないベッド選びができるでしょう。またベッド本体の寿命とは別にマットレスにも寿命があります。マットレスの劣化は寝心地に直結するため、寝苦しさを感じる場合は交換を検討しましょう。

 

3. ベッドを長持ちさせるためのポイント②

長持ちさせるポイント②:適切なメンテナンスを行うことがベッドの寿命を伸ばすことにつながる

ベッド 長持ちのポイント2 ベッドを長持ちさせるポイントは適切なメンテナンスを行うことです。 ベッドの適切なメンテナンスを行うことで、ベッド本体はもちろんのことマットレスの寿命に大きく影響します。マットレスは毎日の仕様で少しずつ負担が蓄積していきます。その結果、少しずつへたれてしまうのです。 マットレスがへたれた場合、パッと見ると使えなくはないものなのですが、身体への負荷が大きくなります。マットレスは私たちの身体への負担を均等にしてくれるもの。徐々に負荷がかかることで、適切な形状が保てなくなり、身体への負担が大きくなってしまいます。 適切なメンテナンスとして大まかに意識するのは通気性です。マットレスは扱う素材によっても異なりますが、湿気を嫌うものが多いでしょう。そのため、日向に干す、またはマットを立てかけるだけでも、湿気が少なくなり、快適な状態を維持しやすくなります。 ベッドのお手入れの方法としてはマットをひっくり返す、干す、立てかける、除湿するなどが効果的です。また定期的に洗濯していると長持ちするため、1週間~2週間ごとに寝具を洗濯しましょう。ベッドの寿命だけではなく、快適な睡眠にも貢献してくれます。

 

4. ベッドを長持ちさせるお手入れ方法

ベッドのお手入れとしては裏返し、マットレスの除湿、敷きパッドの利用、こまめな洗濯

ベッド お手入れ方法 ベッドのお手入れ方法はマットレスの裏返し、マットレスの除湿、敷きパッドの利用、こまめな洗濯が大切です。 マットレスは定期的に上下や裏表をひっくり返すのがおすすめです。ひっくり返すことで、マットレスにかかる負担が分散し、長持ちしやすくなります。マットレスの除湿も効果的です。マットレスを除湿することで、マットレスだけではなく、ベッド本体の劣化を防いでくれます。 具体的には、マットレスをベッドから外し、軽く立てかけるだけでOKです。こうすることで、湿気を簡単に取り除けます。また敷きパッドの利用もおすすめです。敷きパッドを利用することで、マットレス内部に湿気が入ることを防いでくれます。 こまめな洗濯も大切です。ベッドは使い続けていると、雑菌やダニが繁殖しやすくなります。こまめに洗濯することで、衛生的にもベッドの寿命にも貢献します。ベッドのお手入れと言っても、難しいことは必要なく、毎日のちょっとした作業で効果が見られることもたくさんあります。これらのことを取り入れるだけで、長い目で見たときの耐久性には大きな違いが現れますので、ぜひ試してみてください。

 

5. ベッドを長持ちさせる情報まとめ

ベッドの寿命はベッドの選び方とこまめなお手入れが大切

ベッド 長持ちさせる情報まとめ この記事では、ベッドの寿命と長持ちするポイント、お手入れの仕方について解説しました。ベッドを長持ちさせるには、しっかりとしたベッド選びとこまめなお手入れが欠かせません。 この記事を参考にベッドを長持ちさせ、快適な睡眠環境を手に入れましょう。

 

おすすめ家具修理業者をピックアップ♪

 
 
家具修理業者を探す

らに細かな業種から探す

屋根修理

雨樋修理や瓦の交換・修繕などの屋根修理業者を探せます

外壁塗装

24時間受付、アフターフォローがある外装塗装業者を探せます

シャッター修理

手動・電動問わず、即日対応可能などのシャッター修理業者を探せます

畳・ふすま張替

24時間対応、見積り無料などの畳・ふすま張替業者を探せます

家具修理

見積り無料、家具組立代行などの家具修理業者を探せます

庭木剪定・草刈・造園

お庭に関する様々なトラブルに対応できる業者を探せます

雨樋・雨どい修理

雨樋(雨どい)の修理や交換、清掃などの雨樋に対応可能な業者を探せます

キッチン・お風呂

キッチン・お風呂のリフォーム業者を探せます

道府県から検索