クローゼットを長持ちさせるための情報を紹介

クローゼットの寿命や長持ちさせるポイント、手入れの仕方について解説します。クローゼットの寿命が気になる人もいるのではないでしょうか。クローゼットの建具は利用頻度が少なく、耐久性は使い方によるため一概に言えません。しかし、中の手入れの仕方が保管する服の寿命に大きく影響します。この記事ではクローゼットの寿命や長持ちさせるポイント、手入れの仕方について解説します。この記事を読めば、クローゼット内部の服が長持ちし、大切な服を気持ちよく着られる方法がわかるでしょう。

 

1. クローゼットの寿命は何年?

クローゼットには寿命がほぼない!服を長持ちさせることが大切!

クローゼット 寿命 クローゼットは建具の1種で使用頻度も高くありません。そのため、寿命があると言えばありますが、使い方による影響が大きく、適切な使い方をしていれば半永久的に利用し続けられます。 クローゼットで問題になることが多いのが服の寿命でしょう。服の寿命も使おうと思えば長く使い続けられるため、適切な管理が重要になるでしょう。 具体的には服をしまう前に汚れを落とすこと、しまう前にしっかりと乾燥させること、防虫、除湿対策をすることが大切です。また大切な洋服の場合は不織布カバーをすることで、ホコリや湿気からガードできます。 またハンガーが服の形に合っていないと、服が伸びる、形崩れが起きるなどのトラブルが起きる可能性があるため、サイズを合わせたハンガー選びも大切です。 クローゼットが開かないなどのトラブルが起きた場合、考えられる原因は金具の劣化です。クロゼットの建具本体にはほぼ寿命がありませんが、金物は寿命があります。この場合、金具を交換することで、耐久性が復活するため、それほど気にする必要はないでしょう。

 

2. クローゼットを長持ちさせるためのポイント①

クローゼットの衣類を長持ちさせるには、クローゼットの空気の入れ替えやしまい方が大切!

クローゼット 長持ちのポイント1 クローゼットの衣類を長持ちさせるには、クローゼットの空気の入れ替えやしまい方が大切です。衣類の寿命はその人の扱い方に大きく影響するため、扱い方さえしっかりとしていれば、かなり長い間使うこともできるでしょう。 具体的には、クローゼット内部の空気の入れ替えや、しまい方、除湿にポイント¥があります。クローゼットの中は密室空間のため、そのまま放置しておくと、徐々に湿気がこもるように。その状態を放置すると、カビが繁殖する原因にもなるため、晴れて天気がよいときには空気を入れ替えるようにしましょう。 また服に合わせたしまい方をすれば、服が長持ちします。毛糸のものは畳んで、スーツなどの衣類はサイズが合ったハンガーにかけるなどすれば、長持ちするでしょう。適切な除湿や防虫剤の処理を行うことも大切です。湿気は空気よりも重く下にたまる傾向にあるため、除湿剤はクローゼット内部の下側に置いておきましょう。防虫剤の成分も空気より重いため、防虫剤を置く時は服の上側に置いておきましょう。また服を詰め過ぎてしまうと、効果が弱まるため、あまり詰め込まないようにすることもポイントです。

 

3. クローゼットを長持ちさせるためのポイント②

服を長持ちさせるポイントは服に合ったしまい方をすることが大切

クローゼット 長持ちのポイント2 服を長持ちさせるポイントは服に合ったしまい方です。布製のものはまず適切な畳み方が大切。最もよいのはアパレル店でのたたみ方です。服に変なシワがつきにくく、見た目のよい状態が長持ちしやすいでしょう。 次に色やアイテムの種類に分けて保管することです。濃い色のものは湿気によって他のものに色移りすることがあるため、色が近いものを入れておけば、色移りの影響を抑えられるでしょう。 またタンスに服を詰め過ぎないようにすることも大切です。服を詰め込みすぎると、形崩れしやすくなる上、除湿剤や防虫剤の効きが悪くなります。そのため、最大でも8割くらいに留めておきましょう。 また毛糸のセーターなどはハンガーにかけると伸びてしまう可能性があるため、ハンガーは使わずたたみましょう。 スーツの場合はシワがつきやすいため、しっかりとハンガーを使ってください。ハンガーが合っていない場合は形崩れする可能性もあります。引き出しなどがある場合は天日干しで乾かすと湿気や防虫に効果抜群です。服が多すぎる場合は断捨離して必要最低限に抑えることがおすすめです。

 

4. クローゼットを長持ちさせるお手入れ方法

クローゼットのお手入れはほこりとカビ対策が大切

クローゼット お手入れ方法 クローゼットのお手入れ方法はほこりとカビ対策をすることが大切です。どれだけ気をつけていても服から出てしまうほこりは避けられず、湿気がこもりやすい場所のため、湿気対策が欠かせません。 ほこりの対策としてはハンディモップや掃除機がおすすめです。クローゼット内全体を定期的に掃除しておけば、ほこりの影響は最小限に抑えられます。 衣装ケースをどかして掃除機をかければ、すっきりきれいになるでしょう。ただし、カビが生えている場合、掃除機をかけると、カビを撒き散らす可能性があるため、カビの除去から行ってください。 カビ対策として効果的なのは、除湿です。クローゼット内のカビは湿気が原因のため、除湿剤をしっかりと入れておくことがよいでしょう。こまめに換気することも効果的です。 カビが生えてしまった場合はできるだけ早めに雑巾で拭き取ります。カビは一度生えてしまったものを放置すると、内部まで入り込み取り除くことが困難になります。そのため、予防策を万全に整え、カビが生えない環境作りが大切です。

 

5. クローゼットを長持ちさせる情報まとめ

クローゼットのお手入れはこまめな掃除や除湿が大切!カビや防虫対策も忘れずに

クローゼット 長持ちさせる情報まとめ この記事ではクローゼットの寿命や長持ちさせるポイント、お手入れの仕方について解説しました。 クローゼットの扉は耐久性が高く、メンテナンスなどは必要ありませんが、内部の環境は服の寿命に大きく影響を与えます。 この記事を参考にクローゼットのこまめなお手入れを行い、大切な衣服を長持ちさせませしょう。

 

おすすめ家具修理業者をピックアップ♪

 
 
家具修理業者を探す

らに細かな業種から探す

屋根修理

雨樋修理や瓦の交換・修繕などの屋根修理業者を探せます

外壁塗装

24時間受付、アフターフォローがある外装塗装業者を探せます

シャッター修理

手動・電動問わず、即日対応可能などのシャッター修理業者を探せます

畳・ふすま張替

24時間対応、見積り無料などの畳・ふすま張替業者を探せます

家具修理

見積り無料、家具組立代行などの家具修理業者を探せます

庭木剪定・草刈・造園

お庭に関する様々なトラブルに対応できる業者を探せます

雨樋・雨どい修理

雨樋(雨どい)の修理や交換、清掃などの雨樋に対応可能な業者を探せます

キッチン・お風呂

キッチン・お風呂のリフォーム業者を探せます

道府県から検索