電気のトラブルで起きやすい状況とは?

コンセントやスイッチの故障や増設について、対処法をお伝えします。コンセントやスイッチについて故障して動かなくなった、必要なところにないから増設したいとお困りではないでしょうか。コンセントやスイッチの修理や増設は1ヶ所あたり1万円とかからず対処できるものの、そのほとんどで電気工事士の資格が必要なため、あまりおすすめできないケースも多いです。この記事では、コンセントやスイッチの故障や増設をしたい場合にどう対処するべきなのか、その方法を簡単にお伝えします。

 

1. コンセントが故障した時の状況と原因

コンセントの故障は内部の故障が原因のことが多い。

コンセントが故障 原因 コンセントの故障で考えられるのは以下の二つの場合が多いです。 ・コンセント内部の故障
・コンセントボックスの取り付けのゆるみ
コンセント内部の故障の場合、コンセントの内部の部品は消耗品で徐々に劣化するため、いずれ交換が必要になります。また内部にほこりをためてしまう場合や、ショートなどをさせてしまうと、コンセントに負担をかけてしまい、故障の原因になることもあります。 またもう一つの原因がボックスの取り付けのゆるみです。コンセントの穴だけではなく、全体がグラグラしているような場合は、コンセントボックスを取付けし直す事で解決します。ただし、コンセント内部の故障の場合、交換で対応することになりますが、その際には電気工事士の資格が必要になりますので、資格がない場合にはプロに依頼するしか方法はありません。

 

2. コンセントを増設すべき状況とその理由

コンセント増設は差し込み口を増やす・分岐して増設する、ボルト数を増やす方法がある

コンセントを増設 理由 コンセントの増設をする場合、大まかに3つの方法があります。
・コンセントの差し込み口を増やす
・既存のコンセントから分岐させてコンセントボックスを増やす
・ボルト数を増やす
コンセントの差し込み口を増やす場合、既存のコンセントボックスを新しく差し込み口が多いものに取り替えることでコンセントの増設を行う方法です。これはコンセントボックスを別のものに交換するだけのため、最も手間がかからない方法です。廊下や階段などにコンセントがない場合、既存のコンセントから配線を分岐させてコンセントを増設させることもできます。 この方法の場合、コンセントの配線を隠すか露出させるか2択のやり方がありますが、場合によっては隠せない場合もあるので注意が必要です。エアコンなどを使う場合にはボルト数の変更をする場合もあります。この場合は分電盤を触り、配線工事を行います。

 

3. スイッチが故障した時の状況と原因

スイッチ故障は電気工事士の資格なしでも修理できる

スイッチが故障 原因 スイッチを押しても反応しない、スイッチがぷかぷかしている、などのようにスイッチが故障している場合には、スイッチ全体の交換が必要な場合もありますが、スイッチ内部の部品を交換するだけで済ませられる場合もあります。 最近の住宅ではパナソニックのコスモシリーズというスイッチが多く使われており、見た目のスマートさとスイッチの押しやすさが特徴ですが、その分スイッチのバネが柔らかく耐久性が低いという欠点があり、バネが劣化し、故障してしまうことも少なくありません。 通常スイッチの修理では配線に関わることが多いため、電気工事士の資格が必要な場合が多いですが、このバネの交換だけであれば、スイッチの配線が関係しないため、資格がなくても作業が可能です。また内部の部品もシンプルな構造になっており、DIY初心者でも簡単に修理することができます。

 

4. スイッチの交換が必要な状況とその理由

スイッチ増設は配線工事が必須なので電気業者に依頼を

スイッチの交換 理由 スイッチ増設は配線工事が関係する工事のため、電気業者に依頼するのが必須の工事です。スイッチを増設することで、廊下の反対側など、歩いて押すには距離があって不便な場所などにもスイッチを追加することができます。 また寝室の枕元にあると、わざわざ起きずにスイッチのオンオフができるため非常に便利です。これらの工事は簡単そうに見えるものの、適切な手順で工事をしなければ、火事や感電の恐れがあるため、DIYで工事をするのはおすすめできません。 方法としては2つあり、露出で行う方法と、配線を隠して行う方法の2種類があります。配線を隠す方が見た目にはスッキリするものの、壁に触れることなく、工事をするのが難しい場合も少なくありません。そのような場合は配線を露出させて工事をすることになります。

 

5. 電気トラブルに関する情報まとめ

コンセントやスイッチの増設は電気工事士の資格を持つ人に任せましょう。

電気トラブル まとめ この記事ではコンセントやスイッチの故障や増設を行う場合、どんな手順で行うのかについて解説しました。 コンセントやスイッチに触る工事は電気工事士の資格が必要になることがほとんどのため、DIYで触ることがおすすめできない分野です。そのため、自分でDIYは難しく専門業者に任せるのがベターでしょう。 この記事を参考に、スイッチやコンセントの工事を専門業者に依頼しスムーズに工事を行なってください。

 

おすすめ電気工事業者をピックアップ♪

 
電気工事業者を探す

らに細かな業種から探す

パソコン修理・データ復旧

即日対応、24時間受付などお近くの業者を探せます

スマホ・iphone修理

パネル破損、バッテリー交換などを対応できるお近くの業者を探せます

電気工事

即日対応、見積り無料など、お近くの電気工事業者を探せます

アンテナ修理

テレビの映りが急に悪くなりましたらお近くの修理業者を探せます

エアコン修理

冷風・温風が出ないトラブルなど対応できるお近くの業者を探せます

換気扇修理

24時間受付、即日対応可能なお近くの修理業者を探せます

冷蔵庫・洗濯機修理

24時間365日受付の冷蔵庫や洗濯機修理業者を探せます

給湯器修理・交換

お湯が沸かないトラブルに即日対応可能なお近くの業者を探せます

道府県から検索