シカによるトラブル関連情報

シカによるトラブル事例や解決のための費用、習性などを紹介します。この害獣の生息場所として一般の方が思い浮かべるのが、奈良公園や厳島(宮島)だと思います。鹿せんべいをあげようとすると寄ってきますね。しかし現在問題となっているのが、山に生息している野生のシカによる食害です。すぐに対策しておかないと、あたり一面の草木や農作物が被害に合うことも。そこで今回はシカの習性や具体的な被害事例、トラブルを解決するための費用の相場などを紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

 

1. シカの習性を理解しよう

シカの習性で特徴的なのがジャンプ力!1.5m程度であれば軽く飛び越えます

シカのトラブル 習性 この害獣の習性として最初に紹介するのは行動範囲についてです。群れで生活しているシカはエサがなくなると別の場所に移動する習性を持っています。つまり一ヵ所にとどまり、そこにある木の芽や木の実などを食べつくしたら、別の場所に移動して同じことを繰り返す訳です。 森の中に食糧が無い場合は、樹皮を食べたり人里に降りてきて、畑を荒らし始めます。そしてまた、別の場所へ。皮を剥がれた樹木は枯れてしまい、次第に森も無くなっていきます。 次に紹介する習性はジャンプ力。他の害獣が地面と柵の間から侵入するのに対し、シカはジャンプして畑に入ることができます。対策するのであれば2m以上の柵を設置しましょう。また、シカは大変臆病な動物です。遭遇しても基本的にはシカの方から逃げていきますが、中にはパニックになってしまい、こちらをめがけて突進してくることもあります。

 

2. シカによるトラブル事例①

シカによるトラブル事例その①林道などで土砂崩れが頻発しています

シカのトラブル 事例1 ここでの事例で最初に紹介するのは、シカが原因で土砂崩れが増えていることです。前項の習性の箇所でも紹介した通り、シカは樹皮や新芽も食べます。その行動により森全体が枯れてしまい、雨が降った時に十分な水分を蓄えられず、根によって土を留めておくこともできなくなり、土砂崩れにつながっています。 被害があまり注目されていないのは、小規模だからです。あまり使用されていない林道などでは確実に増加しています。本来であれば天敵がいる森もありますから、被害のスピードも抑えられてきたのですが、現在の国内には天敵であるオオカミはいませんので、やりたい放題となっています。 日本百名山でも、シカの食害により岩肌がむき出しになってしまった山がたくさんあります。現在ではイノシシ以上に問題となっている害獣です。

 

3. シカによるトラブル事例②

シカによるトラブル事例その②果実だけでなく樹全体が枯れてしまう

シカのトラブル 事例2 例えば、アライグマやハクビシンなどもシカと同じように果実を好んで食します。しかし樹を食べることはありません。これがシカの場合は、実はおろか枝や幹も食べてしまいますから、何年もかけて育てた果樹が一瞬で駄目になります。入られたくない畑には、必ず2m以上の柵を設置して下さい。また、必要であれば電気柵を設置することも検討して下さい。 次に紹介するトラブルは飛び出しによる二次被害です。道路標識にもシカは描かれており、深夜など突然車の前に飛び出してきます。習性の箇所でも紹介した通り、シカの体重は生後半年もすると50キロ以上にもなります。そこにぶつかるわけですから自動車にもそれなりの被害が出てしまいます。 また、シカを避けようとして急ハンドルを切ってしまい、ガードレールや対向車と衝突してしまった事例も数多くあります。

 

4. シカのトラブルを解決するために必要な費用とは?

シカによるトラブルを解決する費用は方法によって大きく異なります

シカのトラブル 費用 まずシカの天敵であるオオカミの尿とおなじ成分で作られた忌避剤でしたら、ホームセンターやインターネットショップで1,500円前後で手に入れることが可能です。特殊な不織布で作られた忌避テープでしたら、10m用で7,000円となっています。 シカへの対策として有名な電気柵の費用ですが、家庭菜園用でしたら7,000円~、それ以上の大きさでしたら60,000円~が相場となっています。シカのトラブル対策費用を補助してくれる自治体もあります。対策グッズを購入する前に必ず問い合わせてみましょう。 シカの場合は自分で駆除する方法もあります。一頭駆除するごとに報奨金5,000円~35,000円が支払われ、毛皮やお肉も手に入れることができますから、副業として最近ブームになりつつあります。ただし駆除するためには罠の免許と猟友会への登録が必須条件です。

 

5. シカのトラブル情報まとめ

シカに関連するトラブルの情報のまとめと重要ポイントのおさらい

シカのトラブル まとめ ここまでこの害獣トラブルに関するさまざまな情報をお伝えしてきましたが、最後におさらいも兼ねてポイントをまとめます。 現在国内で最も問題となっているのがシカによる食害です。林野庁のデータによると、約7割がシカによる被害とされています。シカによるトラブルを解決する方法として忌避剤や忌避シートなどありますが、一番おすすめな方法は罠や銃による駆除です。勝手に行なうと法律で罰せられますから、自治体に相談してください。

 

おすすめ害獣駆除業者をピックアップ♪

 
害獣駆除業者を探す

らに細かな業種から探す

害鳥駆除

ハトやカラス、スズメやムクドリの害鳥駆除業者を探せます

害獣駆除

猪や鹿、猿やハクビシンなどの害獣駆除業者を探せます

ねずみ駆除

24時間受付、即日対応などのねずみ駆除業者を探せます

道府県から検索